業務内容Works

カサタニの外壁塗装

防水層修繕の時期 

  • 防水層修繕の時期
  • 外壁などにクラックがあるということは、すでに雨水が建物内部に侵入している可能性が考えられます。
    もし雨水の浸入が原因で腐食が始まってしまうと、外科的な修繕では役に立たず、大規模な内科的修繕が必要になってしまいます。

    近年の集中豪雨や日照りなどの異常気象も、建物の老朽化に拍車をかけていることは間違いありません。多額の修繕費用がかからないよう、建物外部の変化に気を配ることをおすすめします。

こんなケースにご注意 

  • こんなケースにご注意
  • 大切なビルを雨水の侵食から守るには、早期発見が大切。日常からビル外部のチェックをしましょう。
    建物のあちこちに劣化のサインが発見できるかもしれません。
    お客様ご自身でチェックして頂けるよう、劣化サインを以下にまとめてみました。
    これらのサインが認められたら、防水工事の検討をお考えになったほうがいいかもしれません。

    劣化のサイン

    等さまざまな水漏れの要素はありますのでちょっとでも心あたりのある方は当社にご相談下さい。
    見積もりも無料でさせて頂きますのでお気軽にご相談下さい。

外壁塗装工事について 

  • 外壁塗装工事について
  • 当社では、施工する前に十分な調査を行い、熟練した職人による安全かつ迅速な防水工事を実施します。
    事前調査時に、下地(施工面)の極端な劣化が認められた場合は、施工前に付帯工事を行うこともあります。